財務ハイライト

※横にスクロールします >>
2016/3 2017/3 2018/3 2019/3 2020/3
売上高 (百万円) 23,813 21,408 27,272 26,368 23,596
営業利益 (百万円) △918 △1,337 △318 △124 △750
経常利益 (百万円) △549 △1,448 △384 259 △360
親会社株主に帰属する当期純利益 (百万円) 91 △1,521 329 △690 △1,457
1株当たり当期純利益 (円) 2.72 △45.20 9.75 △20.69 △44.93
1株当たり純資産(円) 640.18 556.69 539.44 487.10 421.40
事業別売上高 (百万円)
衣料事業 19,615 17,445 23,503 22,647 19,915
不動産賃貸事業 4,395 4,159 3,924 3,763 3,726
連結調整 △197 △195 △156 △42 △44
合計 23,813 21,408 27,272 26,368 23,596

売上高

(百万円)

売上高

営業利益

(百万円)

営業利益

経常利益

(百万円)

経常利益

親会社株主に帰属する当期純利益

(百万円)

親会社株主に帰属する当期純利益

1株当たり当期純利益

(円)

1株当たり当期純利益

1株当たり純資産

(円)

1株当たり純資産

事業別の営業概況(連結)

2020年3月期

衣料事業

「ニューヨーカー」ブランドを中心とする小売販売は、Eコマースでの売上高は堅調に推移いたしましたが、第3四半期連結会計期間以降の天候不順や自然災害の発生、消費税率の引き上げ後の反動、また、新型コロナウィルスの感染拡大に伴い2月後半から実店舗売上高が低下したことなどにより、売上高は前年同期比で減少いたしました。
製造部門は、当連結会計年度は新型コロナウィルス感染拡大の影響は限定的ですが、海外経済の不確実性や低調な個人消費などから受注が減少し、売上高は前年同期比で減少いたしました。

不動産賃貸事業

 小田原の商業施設「ダイナシティ」では、新型コロナウィルスの感染拡大に伴い店頭売上高の減少はありましたが、前年の一部施設リニューアル後は安定的に営業したことなどにより、売上高は前年とほぼ同水準となりました。

財政状態(連結)

2020年3月期

資産合計

現金及び預金の増加、有形固定資産の増加はありましたが、投資有価証券の一部売却や時価評価の影響による投資その他の資産の減少などにより、資産合計は前期末比34億94百万円減少し367億87百万円となりました。

負債合計

1年内返済予定の長期借入金、リース債務の増加はありましたが、短期借入金、長期借入金、預り金の減少などにより、負債合計は前期末比12億61百万円減少し225億61百万円となりました。

純資産合計

利益剰余金の減少や、保有する有価証券の評価の影響などから、純資産合計は前期末比22億32百万円減少し142億26百万円、自己資本比率は37.2%(前期末は39.2%)となりました。

ページの先頭へ