財務ハイライト

※横にスクロールします >>
2017/3 2018/3 2019/3 2020/3 2021/3
売上高 (百万円) 21,408 27,272 26,368 23,596 17,299
営業利益 (百万円) △1,337 △318 △124 △750 △2,527
経常利益 (百万円) △1,448 △384 259 △360 △2,204
親会社株主に帰属する当期純利益 (百万円) △1,521 329 △690 △1,457 △4,513
1株当たり当期純利益 (円) △45.20 9.75 △20.69 △44.93 △138.62
1株当たり純資産(円) 556.69 539.44 487.10 421.40 291.23
事業別売上高 (百万円)
衣料事業 17,445 23,503 22,647 19,915 14,263
不動産賃貸事業 4,159 3,924 3,763 3,726 3,084
連結調整 △195 △156 △42 △44 △48
合計 21,408 27,272 26,368 23,596 17,299

売上高

(百万円)

売上高

営業利益

(百万円)

営業利益

経常利益

(百万円)

経常利益

親会社株主に帰属する当期純利益

(百万円)

親会社株主に帰属する当期純利益

1株当たり当期純利益

(円)

1株当たり当期純利益

1株当たり純資産

(円)

1株当たり純資産

事業別の営業概況(連結)

2021年3月期

衣料事業

「ニューヨーカー」ブランドを中心とする国内の小売販売は、Eコマースでの売上高は前期比で大幅に伸長いたしましたが、新型コロナウィルスの感染拡大に伴う臨時休業や外出自粛などにより実店舗売上高が低下し、売上高は前期比で減少いたしました。製造部門は、ニット製品製造部門の操業停止や、新型コロナウィルス感染拡大の影響による取引先企業の在庫調整および低調な個人消費などから受注が減少し、売上高は前期比で減少いたしました。

不動産賃貸事業

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、小田原の商業施設「ダイナシティ」で一部区画を臨時休業とする期間が生じたことなどにより、売上高は前期比で減少いたしました。

財政状態(連結)

2021年3月期

資産合計

現金及び預金の増加、たな卸資産の増加はありましたが、投資有価証券の一部売却や繰延税金資産の取崩しによる投資その他の資産の減少などにより、資産合計は前期末比13億92百万円減少し353億94百万円となりました。

負債合計

1年内返済予定の長期借入金の減少はありましたが、預り金、長期借入金の増加などにより、負債合計は前期末比22億4百万円増加し247億65百万円となりました。

純資産合計

利益剰余金の減少や、保有する有価証券の評価の影響などから、純資産合計は前期末比35億97百万円減少し106億28百万円、自己資本比率は26.9%(前期末は37.2%)となりました。

ページの先頭へ